売掛金回収の最終手段

売掛金回収の最終手段としては訴訟を行うことになりますが、ここまできたら相手との関係は維持できないことも覚悟する必要があります。訴訟は、電話や書面での請求や公的に認められる内容証明郵便などでも支払いや話し合いに応じなかった場合や話し合いが決裂した時に使います。60万円以下の請求であれば、簡易裁判所による少額訴訟を行うこともできますが、それを超える金額の場合には通常の訴訟を行うことになります。その前に民事調停という裁判所の仲介による和解手続や裁判所を通して請求を行ってもらう支払い督促という手段もあります。

売掛金回収で訴訟を行う場合には、売り掛けの相手の財産を調べておくことも必要となります。売掛金を回収できるだけの財産が相手になければ訴訟に勝っても支払ってもらうことができません。訴訟を起こすためには準備も大掛かりとなるため、弁護士に依頼するなどの対策も必要です。

少額訴訟では、簡易裁判所で1回の審理で判決が出されます。コストも印紙など1万円程度で済む手続きです。通常の訴訟は一般的な裁判のイメージのもので、手続も複雑になり時間もコストもかかります。140万円以下の場合には簡易裁判所、それを超える場合には地方裁判所で行います。基本的には相手の所在地の裁判所で行われることになるため、交通費などの実費もかかります。